フィリピン警察、麻薬捜査局を解散

(フィリピン)1月30日、ドゥテルテ大統領の記者会見に同席した国家警察のロナルド・デラ・ロサ長官は麻薬捜査局を一度解散し、人事を刷新して新・麻薬捜査局を立ち上げると発表した。
 これは、韓国人男性が国家警察本部内で殺害されたことが明らかになり、男性誘拐への麻薬捜査官関与も確認されたからだ。
 しかし、大統領は、7000人前後が殺害され問題化している麻薬撲滅作戦について、「任期(2022年まで)中は継続する」と語った。
(1月30日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中