首相出席、TN50ダイアログを開催

(マレーシア)1月19日、KLLのマラヤ大学で「2050年国家改革( Transformasi Negara 2050 、TN50)」に関するダイアログが開かれ、出席した学生約500人がナジブ首相と意見を交換した。
 TN50は昨年10月、ナジブ首相兼財務相が2017年予算演説の中で発表した新ビジョン。2050年までの実現を目指すい国家目標である。
 演説の中で首相は、「政府は新たな国家の方向性を策定するために全国的な対話集会を開催していく。全国対話集会を通じて全民族から、意見を聞く。対話集会は若い世代からスタートさせたい」と述べた。
 その第一弾が19日に開催されたマラヤ大学で開かれたダイアログだ。ナジブ首相は次のように語った。

世界のトップ20入りをめざす

 ~TN50は、諸君らのものだ。今日は君たち若者の意見を聞きたい。私は上手な聞き手でありたいし、良き政治家でありたいと思う。政治屋は次期選挙を考え、政治家は次世代のことを考える。
 TN50は、マレーシアが2050年までに世界の先進国トップ20入りを果たすことを目標とする。各界、各世代、各民族のあらゆる人々から意見を聞き、知恵を集め、TN50の目標実現のための計画案を練る。TN50は、30年に及ぶ<ビジョン2020>(2020年までに先進国の仲間入りを果たす事が目標)終了後の30年間の努力目標である。
 1991年にスタートしたビジョン2020は政府が(上から)定めたが、TN50は下から、国民の総意で作り上げられる計画である~。
(1月19日スター、NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中