ナジブ首相夫妻を迎え「イーサン」

(マレーシア)与党・マレーシア華人協会(MCA )主催のチャイニーズニューイヤーオープンハウスが1月28日、KLのジャラン・アンパン沿いにあるウイスマMCAで開催され、数千人が出席した。
 招かれたナジブ首相夫妻が午前10時に会場に姿を見せ、MCAをはじめ与党連合・国民戦線(BN)各党の幹部らとともに「イーサン」(魚生)を食べ、国の繁栄と国民の幸せを祈った。

「イーサン」とは

 マレーシアの中国正月に欠かせない伝統料理で、白身魚の刺身(最近はサーモンがよく使用される)、ピーナッツ、ポメロ(柑橘類)、人参、コリアンダーリーフ、大根やキュウリなどの野菜、そして、赤や緑のゼリーなどが盛りつけられたサラダ。上にスナックのような揚げ物を乗せて、甘いソースをかけて食べる。
 円卓を囲んだ全員で、「ローヘイ」と言って箸でかき混ぜ、高くすくいあげ、商売繁盛、家内安全を祈る言葉を発する。
(1月28日NST、スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中