列車脱線事故、 26人以上死亡

(インド)インド南部のアンドラ・プラデシュ州で1月21日午後11時頃(現地時間)、ジャグダルプールからブバネシュワルに向かっていた8両編成の列車が脱線し、乗客など26人以上が死亡、100人以上が負傷した。
 現地日本大使館によると、これまでに日本人を含め、外国人が巻き込まれたという情報はないという。
 インドは世界有数の鉄道大国だが、英国植民地時代などに整備された施設の老朽化が問題になっている。モディ首相は先頃、むこう5年間に1370億米ドルを投じて鉄道インフラの近代化に力を入れると表明したばかりだ。
 2012年の政府発表では、インドでは年平均1万5000人が鉄道事故で死亡している。
(1月22日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中