ミャンマーに人道支援

(マレーシア)マレーシアからの人道的支援に対して、ミャンマーが受け入れを決めた。マレー語新聞ハリアン・メトロが1月18日に報じた。
 ただ、ミャンマー政府は、ロヒンギャへの人道援助はラクイン州の州都シットウェ(Sittwe)へではなく、ヤンゴンを経由して送るようマレーシアに要求している。マレーシアのハニフ・アブドラ・ラーマン駐ミャンマー大使が18日に語った。

1000トンの援助物資

 「保安上の問題、マレーシアからの1000トン援助物資は一旦ヤンゴンに運ばれ、そこからシットウェに搬送される。
 大使は同日、首都ネピドーでウイン・ミアット・アイ社会福祉・救援・再定住相、国際機関・経済局のカウ・モエ・トゥン局長と会い、援助について協議した。 
 内外で救援活動中のマレーシアのボランティア団体「ケラブ・プテラ・1マレーシア(Kelab Putera 1Malaysia)」のハリズ・モハン副理事長、ラザリ・ラムリ広報部長が同席した。
(1月18日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中