地元2社、アリババと合弁会社設立

(マレーシア) アリババ・グループのクラウドコンピューティング事業子会社であるアリババ・クラウド(Alibaba Cloud)がマレーシア地元のプレスタリアン(Prestariang Bhd)、シンガポールのコンバーサント・ソリューション( Conversant Solutions Pte Ltd)がジョイントベンチャーを立ち上げ、教育部門に於いて国際市場への参入を目指す。

教育プラットフォーム「エデュクラウド」立ち上げ

 3社は1月12日、クアラルンプールで覚書に調印し、統合教育プラットフォーム「エデュクラウド(EduCloud)」の立ち上げで合意した。
 「エデュクラウド」はクラウドベースの教育関連サービス向けプラットフォームで、当初はマレーシアで運用を開始し、その後はアジア太平洋に市場を拡大していく考えだ。

利点の統合を目指す

 協業は3者の利点を統合することが狙いで、アリババ・クラウド のクラウドコンピューティング分野での事業処理能力、コンバーサント・ソリューション のデジタルメディアにおける運用能力、プレスタリアンの教育分野で保有する人材と教育市場に於ける顧客ベースというそれぞれの利点統合を目指す。
(1月13日 The Star)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中