複合機新モデル14機種を発表、富士ゼロックス

(マレーシア) 1月10日、富士ゼロックス・アジア・パシフィック(マレーシア・オペレーション)が新モデルのデジタル・カラー複合機14機種を発表した。
 新モデルは同社が提案する新たなコンセプト「スマートワークゲートウェイ」にもとづき開発が進められた。
 ドロップボックス、エバーノート、グーグルドライブなどの各クラウドサービスやマイクロテクノロジーとの連携機能が強化され、文書管理業務の効率化などが実現できるという。
(1月11日 南国新聞)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中