公金34万ドルを横領、禁固5年4カ月

(シンガポール)公金を横領して家族がつくった借金の返済にあてた男に12月22日、裁判所は禁固64カ月を言い渡した。
 ソーシャル・サービス・オフィサーをしていたチア・クワンウィー被告(33)は、2011年11月から2014年8月までの約3年間に、勤務先のサウスイースト・コミュニティー開発理事会(South East Community Development Council)とゲイランセライ ・ソーシャル・サービス・オフィス(Social Service Office @ Geylang Serai)で合わせて34万シンガポールドル(約2800万円)を横領した。
 手口は単純で、両事務所が恵まれない家庭向けに発行したキャッシュチェックを自分の口座に振り込んだのだ。犯行が明るみに出たのは、ほかのSSOが「担当している恵まれない家庭から援助金を受け取っていないとの苦情が来ている」と上司に報告した2014年8月になってからだった。
 チアは、横領した公金を家族の多額借金の返済にあてたほか、高級料理店での食事、航空券の購入、高級ブティックのショッピングなどで使ったと供述している。
(12月22日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中