台湾からの投資誘致に尽力;ジョホール州

(マレーシア)ジョホール州政府が台湾との密接な関係をさらに強化し台湾からの投資誘致に力を入れていく姿勢を示している。
 過去25年間に台湾からは353社が同州に対して累積額で15億米ドル(67億2000万リンギ相当)を投資した。主な投資分野は製造業、石油化学、飼料部門だ。

2015年は16億リンギに

 マレーシア投資開発庁によれば、2015年の台湾からの対マレーシア投資額は16億リンギで、16年1-8月期の投資額は1億2400万リンギとなっている。台湾貿易センターによれば、台湾の1-11月期の輸出額は前年同期比3.1%減となっているが、マレーシアへの輸出は同8%増と例外的な伸びを記録している。
 同センターのワン・シモン副所長は「ジョホール州はシンガポールに近い位置関係にあるので、台湾にとって最も重要な州のひとつである」と語っている。
(12月21日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中