ブロガーを名誉棄損で告発、元警察庁長官

(マレーシア)英国に在住するとみられるブロガー、ラジャ・ペトラ・カマルディンさんがニュースサイト「マレーシア・トゥディ」に書いた記事をめぐり、ムサ・ハッサン元警察庁長官が虚偽の記事で名誉を棄損されたとして訴訟を起こす構えを示している。

「走狗」と指弾

 問題の記事は同サイトに12月15日に掲載された。1990年代後半のマハティール政権下と現ナジブ政権下で2件の同性愛の罪状に問われたアンワル元副首相の案件に関して、ムサ元長官やアブドル・ガニ前検事総長がマハティール元首相やナジブ首相の「走狗」として、元副首相に有罪判決が下る基礎固めをしたと、記事は記述している。

謝罪を要求

 元長官は21日、「ラジャ・ペトラ氏は私やガニ前検事総長のイメージダウンを図るために虚偽の内容の記事を執筆したというのが私の見方だ。14日以内に記事を撤回し謝罪をしなければ、告訴し名誉棄損訴訟を起こす」との方針を明らかにした。
 1998年に同性愛の罪状でいったん起訴された元副首相は、2004年に無罪放免の判決を受け釈放された。
 記事では、これに不満を覚えたマハティール元首相が元長官や前検事総長を使って別の同性愛の罪状をでっちあげて元副首相を刑務所に送り込む任を担ったと指摘している。元長官はまた、同性愛の案件に元首相と首相は関与していないと強調した。
(12月21日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中