バスが転落、乗客14人死亡

(マレーシア)クリスマスイブの12月24日未明、クアラルンプールに向かっていたエクスプレスバスが南北ハイウェーから外れて崖下に転落し、乗客14人が死亡し、16人が負傷した。
 事故現場は、ジョホール州ムアル付近。ジョホールバルからKLに向けて幹線道路を走っていたバスが午前4時頃、道路から外れて6メートルほど下に転落した。

スピードの出しすぎ

 この事故でバスは前部が大破、運転手を含む14人が死亡した。16人が重軽傷を負い病院で治療を受けた。事故当時、路面は乾いていたということで、警察はスピードの出しすぎが事故の原因とみて当時の状況を詳しく調べている。
 バスには、マレーシア人のほか、シンガポール人やミャンマー人など30人が乗っていたという、乗客の中に日本人が含まれているとの情報はない。

シンガポール人9人死傷

 シンガポールからの12月24日報道によれば、この事故でシンガポール人3人が死亡、6人が骨折などの重症だ。負傷者はその後、シンガポール総合病院(SGH)に搬送され、治療を受けている。
(12月22日スター、24日チャンネルニュースアジアほか)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中