日本ハム、クランにハラル食品工場

(マレーシア)日本ハムが51%出資する合弁会社NHFマニュファクチャリング(マレーシア)<日本語名;NHフーズ・マレーシア>が、セランゴール州クランにハラル食品の新工場を建設する。英字紙ニューストレートタイムズが12月20日に報じた。
 NHフーズ・マレーシアは今年5月、日本ハムとマレーシアの養鶏大手レイ・ホン( Lay Hong Bhd)が設立したジョイントベンチャーだ。
 新工場は、タンジョン・カランにある既存の工場そばに建設される。投資額は4500万リンギ(約10億8000万円)で、生産能力は月間2000トン。2017年第1四半期に着工、2018年末までに完成の見込みだ。生産するハラル食品はマレーシア国内市場向けだが、将来的には輸出も計画している。
(12月20日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中