マラリア患者が129人に

(マレーシア)ペラ州ゲリクのポス・ケマル先住民(オランアスリ)居住区でマラリアが流行中だ。
 州衛生・公共交通機関・非イスラム事務・国民団結・新村委員会のマー・ハンソーン委員長は12月14日、13日までにマラリア感染者数が129人(女性61人)に増加したと発表した。
 129人のうち、症状の重い16人がゲリク・ホスピタルに入院中で、ほかの患者は居住区で手当てを受けているという。
 今回、ポス・ケマル先住民居住区で最初のマラリア患者が見つかったのは11月16日。2009年に最後に見つかって以来、マラリア患者は出ていなかった。
(12月14日NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中