『一帯一路』支持宣言に46団体が署名

(マレーシア)中国が提唱した 『一帯一路』構想への支持宣言に、マレーシア国内の華人系46団体が署名した。
 12月12日、KLにある与党・マレーシア華人協会(MCA)党本部で、46の団体の代表が、リョウ・チョンライ総裁(運輸相)と中国のホアン・ホイキアン駐マレーシア大使の見守る中、宣言に署名した。
 「互恵、平等、ウインウインの精神のもと、 『一帯一路』構想が新しい発展の機会を提供し、両国の友好関係をさらに促進することを願う」(リョウ総裁)。
 MCAはMCA 『一帯一路』センター(MCA Belt and Road Centre 、Mbrace) を同日発足した。センターでは『一帯一路』に関する情報、コンサルティングサービスを提供し、(とくに中小企業の)ビジネスパートナー探しを支援する。

『一帯一路』構想とは

 『一帯一路』構想は、2013年に習近平国家主席が提唱した中国が形成を目指す経済・外交圏構想だ。
 中国西部-中央アジア-欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、中国沿岸部-東南アジア-インド-アフリカ-中東-欧州と連なる「21世紀海上シルクロード」(一路)からなる。新たな経済圏の確立や関係各国間の相互理解の増進などが目的とされている。
(12月11日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中