HSRの協定調印、12月21日に延期

(マレーシア)アブドル・ラーマン首相府相は12月2日、マレーシアとシンガポールの両国政府は、シンガポール・クアラルンプール高速鉄道(HSR)正式事業協定書の調印を21日に延期すると発表した。  
 調印は12月5日にジョホール州で開催される両国首脳会談に合わせて実施の予定だった。しかし、シンガポール(カウ・ブーンワン運輸相)の要請で、21日に延期されたという。理由は「もうすこし時間がほしい」。

今年7月に覚書に調印

 KLとシンガポールのジュロン間を片道90分で結ぶHSRをめぐる1年以上の交渉の結果、シンガポールとマレーシアの両国政府は今年7月19日、首都間高速鉄道プロジェクトに関する覚書(MOU)を交わした。
 順調に進展すれば、2017年内に高速鉄道の開発企業を国際入札で選定し、2018年に工事を開始する見通しだ。
(12月2日スター、NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中