タイ新国王に皇太子;暫定議会が承認

(タイ)タイ暫定議会は11月29日、10月13日に死去したプミポン国王の後継者としてワチラロンコン皇太子(Vajiralongkorn、64)への即位要請をを全会一致で決議した。皇太子が受諾すれば、即位が正式に発表される見通し。
 プラユット暫定首相は、国王が死去した10月13日に、ワチラロンコン皇太子が後継国王になると発表していた。即位は、1年間の服喪期間後に執り行われる国王の葬儀の終了後とみられている。
(11月30日チャンネルニュースアジア)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中