ザキル師にマレーシア国籍を付与?

(マレーシア)ヌル・ジャズラン首相府相は11月27日、インドのイスラーム研究財団の代表で世界的に有名なイスラーム説教師・医師であるザキル・ナイク(Dr. Zakir Naik)氏がマレーシア国籍を取得したとの報道について、「そうした事実はない」と全面的に否定した。
 15日にインド政府がイスラーム研究財団に閉鎖命令を発したあと、逮捕をおそれたのか同師は姿をくらませ、タイかアフリカの某国に潜伏しているといわれる。ザキル氏はイスラム過激派に影響を与えているとして、インドやバングラデシュの政府が警戒している人物だ。

現地紙が報道

 インドの 「ヒンドゥスタンタイムズ(Hindustan Times)」紙は、ザキル師はマレーシアで2013年に 「Tokoh Maal Hijrah」賞を授与された際に、マレーシア市民権を授与されたと報じた。同賞の副賞が市民権という。
 一方、ヌル首相府相は、両親がマレーシア人ならあるいはマレーシア生まれならともかく、政府は自動的に外国人に国籍を与える事はしない、ザキル氏はマレーシア国籍を取得していないと語った。
 「ヒンドゥスタンタイムズ」は、1942年創刊のインド最大級の英字紙、発行部数360万部といわれる。

本人が否定

 ザキル・ナイク氏のスポークスマン、アリフ・マリク氏は28日、ザキル氏がマレーシア国籍を付与されたとの報道を否定したと発表した。「私(ザキル氏)は、昨年はマレーシアへの入国を禁止されたと報じられた。今回はマレーシア国籍を授与されたという。どちらも間違いである。そのような事実はない」。
(11月27日/28日スター、NST)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中