「AFFスズキ杯」をボイコットせず

(マレーシア)カイリー青年・スポーツ相は11月25日、今月19日~26日の日程で開催されている東南アジアサッカー選手権「AFFスズキ・カップ2016」の決勝大会へのマレーシアチームの出場について、「政府は大会をボイコットしないと決定した」と発表した。
 マレーシア国内では、決勝大会開催国の一つであるミャンマー(もうひとつはフィリピン)でイスラム教徒のロヒンギャが虐殺されているとの報道が流れていること。このため、出場を辞退すべき、大会をボイコットすべきとの声がイスラム系政党やモスク関係者の間で高まっていた。
  
AFFスズキカップ

 2年に一度開催されるAFFスズキカップには、その名の通り東南アジアの代表チームのみが参加する。AFFスズキカップ2016は10月15日に開幕した。その概要は以下のとおり。
・主催 :東南アジアサッカー連盟(ASEAN Football Federation)
・開催期間/開催国:
 予選大会:10月15日~21日/カンボジア(プノンペン)
 決勝大会:11月19日~26日/フィリピン(マニラ)、ミャンマー(ヤンゴン)、
・参加国 :東南アジアサッカー連盟(AFF)に加盟するオーストラリアを除く11カ国
 ・決勝シード国:フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、ミャンマー
 ・予選出場国 :カンボジア、ラオス、東ティモール、ブルネイ
(11月25日スター、NST、東方日報)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中