「ベルシは野党の操り人形だ」首相が強く批判 

(マレーシア)ナジブ首相は自身のブログ(www.najibrazak.com blog)で、クリーンな選挙の実現をめざすとする非政府組織(NGO)の連合体「ベルシ」は野党に操られ、反政府活動を展開していると批判した。
 「野党は背後に隠れ、ベルシに政府と闘わせているのだ。国民は、一部のNGOは野党の道具、操り人形でしかないことを知っている。野党のそうした策略に国民は飽き飽きしていて、政府により良い行政サービスを求めている。だから、私のチームはその期待に応える努力をし、私もそうし続ける(首相を続ける)」(ナジブ首相)。

街頭デモに屈しない

 ナジブ首相は17日、日本訪問を終えるにあたり同行記者団と懇談した際、首相退陣を要求する19日のベルシ5.0集会に言及し、デモに屈しての首相辞任はありえないと以下のように語った。
 「街頭デモは、混乱を引き起こすだけだ。アラブの春をみればわかる。それらの国々はどうなったか。結局、国民が悲惨な目にあっただけではないか。私はデモに屈しない。首相職は辞任しない。総選挙での国民による投票結果にのみ従う」。
(11月18日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中