遠泳密出国未遂の2人を検挙

(マレーシア)シンガポールを密出国し、泳いでマレーシアに渡ろうとしたマレーシア人の男2人が11月26日、シンガポール当局に検挙された。
 出入国管理局(ICA) の発表によると、午前4時40分ごろ、ウッドランド・チェクポイントの係官が海上に浮かぶ黒色のビニール製ゴミ袋2つを発見。
 浮き輪代わりのゴミ袋につかまりジョホール州の海岸方面に向かって泳いでいた37歳と39歳の男2人を拘束した。その後の調べで2人は不法残留者と判明した。
 密入国と不法残留は6カ月以下の禁固とムチ打ち3回、密出国は6カ月以下の禁固か2000ドル以下の罰金、または両方となっている。
(11月24日ベルナマ)

広告

暴力反対ウォークソン、12月5日に開催

(マレーシア)12月5日、女性に対する暴力反対ウォークソン「トーク2015(Talk 2015)」がセランゴール州ペタリンジャヤ地区で開催される。タマン・ジャヤが出発(午前8時半)・解散(同10時)地点。歩く距離は3.5キロだ。
 主催は国際ソロプチミスト・マレーシア・リジョン(Soroptimist International Region of Malaysia Sirom)。今年が4度目の開催となる。
 国際ソロプチミストは、4つの連盟(アメリカ連盟、ヨーロッパ連盟、グレートブリテン&アイルランド連盟、サウスウェストパシフィック連盟)で構成され、約130カ国に3000のクラブ、8万人の会員を有する、女性の世界的な奉仕団体だ。
  参加申し込み料は30リンギ、申し込み手続き等の詳細はhttp://runnerific.blogspot.jp/2015/11/sirom-walk-talk-2015.htmlで。
(11月25日NST)

MH370便の捜索費、2億リンギ突破

(マレーシア)乗員・乗客239人を乗せてKLIAを離陸し北京に向かったマレーシア航空MH370便が2014年3月8日に消息を絶ってから1年9カ月になるが、今年10月末でにかかった捜索費は2億3145万リンギに達したとことがわかった。11月24日の下院でアジズ・カプラウィ副運輸相が答弁の中で明らかにした。
 今年7月29日、フランス領レユニオンで、同機の一部とみられる航空機の残骸が発見され、フランスでの検査の結果8月5日にMH370便の一部であることが判明した。
(11月24日NST)

10月の自動車販売台数、3%増

(マレーシア)今年10月の国内自動車販売台数は、前年同月比3%増の5万5754台となった。前月9月比では9%増。マレーシア自動車協会(MAA)が11月18日に発表した。
 今年10月の自動車販売台数5万5754台のうち、乗用車は49063台、商用車は6691台となっている。
 一方、10月の生産台数は乗用車5万0974台、商用車4809台で、合計5万5783台(前年10月比21.9%増)だった。
 なお、今年1月~10月期の販売台数は前年同期間の54万6531台を5000台以上下回る54万1142台(乗用車48万0779台、商用車6万0363台)となっている。
(11月18日スター)

2015年上半期の認可投資額は1135億リンギ

(マレーシア)2015年上半期の認可投資額は1135億リンギで、前年同期の1120億リンギを若干上回った。
 アフマド・マスラン副通産相によれば、上半期にはサービス業や製造業を中心に2487件の投資が認可され、10万1780人分の職を創出した。
 投資全体のうち81.1%にあたる921億リンギが国内投資で、残り18.9%にあたる214億リンギが外国直接投資だった。同相は、リンギ安は投資全体には影響をおよぼしていないとの見方を示した。
 一方、同相は、15年上半期の外国資本投資が610億リンギだった一方で、資本流出額が387億リンギで、224億リンギの資本黒字となったことを明らかにした。なお、前年同期の資本黒字額は174億リンギだった。

542億の貿易黒字

 1~8月期の貿易については輸出が前年同期比1.4%減の4980億8000万リンギ、輸入は同2%減の4438億3000万リンギとともに減少したものの、542億5000万リンギの貿易黒字を計上した。
(11月17日NST)

日本のSDPG、ジョホールに大型投資

(マレーシア)SDPグローバル(本社・東京)が、マレーシアで高吸水性樹脂の新会社を設立する。英字紙ザ・スターが11月26日に報じた。
 1億米ドル(約4億2360万リンギ)を投資してつくる新製造拠点はジョホール州タンジュン・ランサト工場団地(Tanjung Langsat Industrial Complex)に設けられる。6.8ヘクタールの用地を買収ずみだ。
 新会社SDPグローバル(マレーシア)の工場は2016年5月の着工、2018年第2四半期の操業開始を予定している。初年度の生産量は年8万トンになるという。SDPグローバルは三洋化成と豊田通商の合弁企業だ
(11月26日スター)

マレーシアは世界111位;男女格差番付

(マレーシア)ダボス会議で知られる世界経済フォーラム(WEF)が11月19日、各国の男女格差(ジェンダーギャップ)の少なさを指数化し、順位で示した最新の報告書「世界男女格差指数2015(THE GLOBAL GENDER GAP INDEX RESULTS IN 2015)」を発表した。
 それによると、マレーシアは世界145カ国中111位だった。前年の104位から7ランク下がった。トップ10入りしたアジアの国(別表参照)は7位のフィリピン(前年9位)だけである。日本は101位(前年104位)、主要7カ国(G7)の中で最下位だった。
 世界トップ5はアイスランド、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、アイルランド(トップ10は別表参照)。
 ランキングは「政治への参加」「職場への進出」「教育」「健康度合い」の4分野の計14の項目を使って、男女平等の度合いを指数化し、総合順位を決めている。
——————–
2015年トップ10
(括弧内は前年順位)
1アイスランド(1)
2ノルウェー (3)
3フィンランド(2)
4スウェーデン(4)
5アイルランド(8)
6ルワンダ(7)
7フィリピン(9)
8スイス(11)
9スロベニア(23)
10ニュージーランド(13)
———————–
アジア諸国の順位
(括弧内は前年順位)
フィリピン          7(9)
———————–
モンゴル        56 (42)
シンガポール  54(59)
ラオス           52(60)
タイ               60(61)
バングラデシュ   64(68)
スリランカ        84 (79)
ベトナム          83 (76)
中国              91(87)
インドネシア   92 (97)
日本          101  (104)
インド        108  (114)
カンボジア    109 (108)
マレーシア    111 (107)
韓国          115(117)
———————–
(資料;http://reports.weforum.org/
(11月20日WEF)