誘拐された男児をバス停で保護

(マレーシア)10月30日、自宅付近でバイクの運転手にさらわれた1歳11カ月の男児が約45分後にバス停で無事保護される事件がKL近郊のセントゥルのカンポン・バンダル・ダラムで起きた。
 警察発表では、午後6時15分頃自宅付近で遊んでいたシュクリちゃんは通りかかった、黒いヘルメットをつけたバイクの運転手に拉致された。
 家族がこれに気づき警察に通報したのは午後6時28分。シュクリちゃんはようとして見つからなかったが、午後7時頃になって、ジャラン・ゴンバクにあるバス停にひとりでいたところを発見され、無事保護された。けがはしていないという。犯人が、なぜ短時間内にシュクリちゃんを解放したかはわかっていない。
(10月30日スター、NST

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中