モルディブ男女5人をKLで逮捕

(マレーシア)マレーシア警察は10月28日、9月下旬にモルディブで起きたヤミーン大統領暗殺未遂事件に関与した疑いのあるモルディブ男女5人をKLのコンドミニアムで逮捕した。
 カリド警察庁長官は30日、公安部テロ対策課(Special Branch’s Counter-Terrorism Division SB-CTD) が逮捕した女2人を含む5容疑者(年齢28~47歳)を同日本国に送還したと発表した。

9月末に暗殺未遂事件発生
 インド洋のモルディブ警察当局は10月24日、ヤミーン大統領が乗ったボートの爆破事件に関与したとして、アブドルガフール副大統領を逮捕した。
 アブドルガフール副大統領はシンガポール経由で中国から帰国したところを逮捕された。これまで事件への関与を否定している。ヤミーン氏は9月28日、サウジアラビアの大巡礼(ハッジ)から帰国し、空港からスピードボートで首都マレに向かった際、海岸付近でボートが爆発。同氏は無事だったが妻らが負傷した。
(10月30日スター)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中