賃貸用倉庫・工場開発事業へ参画: 三井物産

(マレーシア)三井物産株式会社は、シンガポールとマレーシアの企業による合弁企業ヌサジャヤ・テクパーク社(Nusajaya Tech Park Sdn. Bhd.NTP)との間で、マレーシアのイスカンダル・ヌサジャヤ地区にあるヌサジャヤテックパーク内で賃貸用Built to Suit(注文建築)型倉庫・工場開発事業に取り組む合弁契約を締結した。7月28日、同社が発表した。
 新設する合弁会社の出資比率は三井物産が49%NTP社が51%で、日系製造業を中心とした顧客を誘致し、ヌサジャヤテックパーク(計 約210ヘクタール、第一期開発:約50ヘクタール)内の7区画(約10ヘクタール)を開発する予定だ。 企業誘致活動が順調に進めば事業開始後4年で7区画全てが完工し、完工後4~5年を目途にシンガポールやマレーシア市場におけるREIT等を通じた証券化も視野に入れた事業を展開していく。
(7月28日三井物産プレスリリース)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中