日通、海上リーファー(冷蔵)混載サービスを開始

(マレーシア) 日本通運は3月25日、冷蔵管理が必要な食品を対象とした、マレーシア向け海上冷蔵(リーファー)混載サービスを27日より開始すると発表した。
 これは、複数の顧客の冷蔵管理が必要な食品を混載でマレーシアの近郊ポートクランまで輸送する内容のサービスだ。
 日通によると、マレーシアをはじめ、アセアン諸国では日本酒、米、味噌、根菜といった青果物やチョコレートなどの加工食品のニーズが高まっており、近年、同社でも取り扱いが増えている。
 同サービスで1トンの貨物を輸送する場合、コンテナと比較して約70%の輸送コスト削減が可能だ。また、船会社にOOCLを利用することで、東京のCFS(コンテナ・フレイト・ステーション)からポートクランのCFSまで最短14日で輸送することができる。
 CFSは、船会社がLCL貨物(小口混載貨物)を コンテナに詰め、或いはコンテナから取り出す作業を行う場所だ。
 日通は、これまでに香港、シンガポール、バンコク向けにリーファー混載サービスを展開している。今回マレーシアを新たな仕向け地に加え、今後さらにアセアン、南アジアへ拡充することで、日本の食文化の発信をサポートしていく考えだ。
(3月25日 日本通運)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中