ジャングルに迷い込んだ2歳児を18時間後に無事保護!!

(マレーシア)サバ州内陸部のテノム・タウン郊外で、家を出たまま行方がわからなくなった2歳の男児が18時間後に自宅から約200メートル離れたジャングルで見つかった。
 警察の発表では、ケマボン地区カンポン・クアラ・トロクソンにある自宅に母親と一緒にいたヒールゼリー・ジーンドフライちゃんは、母親がトイレから出て来た時には姿を消していた。3月26日午後4時頃だった。
 家族は家の内外を捜したが見つからなかったため、午後8時に消防・レスキュー局に捜索願を出した。レスキューチームが出動して深夜まで捜したが見つからず、捜索は一旦打ち切られた。
 27日早朝に再開された捜索でもヒールゼリーちゃんは見つからなかったが、午前10時25分に自宅から約200メートル離れたジャングルの低木の茂みにいたヒールゼリーちゃんを発見し保護した。
 ジャングルで一夜を明かし疲れた様子だったが、けがはしておらず、両親に抱かれて笑顔を見せていた。ヒールゼリーちゃんは外に遊びに行き、ジャングルに迷い込んだらしい。
 レスキューチームは、「ヒールゼリーちゃんはたまたま茂みの中に隠れるようなかたちになって動かなかったので野生動物に襲われることもなかった。とても幸運だった」と話している。
(3月27日NST

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中