第2四半期、純損失が3億リンギ;マレーシア航空

(マレーシア)マレーシア航空(MAS) は28月8日、2014年第2四半期決算を発表した。それによると、純損失が3億0700万リンギとなった。前年同期(1億7600万リンギ)から大幅に拡大した。ただし、前期=今年第1四半期=(4億4300万リンギ)と比べると赤字幅は縮小した。売上高は前年同期(37億8000万リンギ)よりも1億8000万リンギ少ない36億リンギだ。
 MASは3月にMH370便が行方不明になり、7月にはMH17便がウクライナ上空で撃墜されたことから利用者数が大きく減り、もともと良くなかった業績のさらなる悪化につながっている。
(8月29日NST

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中