「州首相就任は私の義務だ」ワン・アジザ党首、やる気満々

(マレーシア)野党・人民公正党(PKR)のワン・アジザ党首は7月30日、ペナン州セベラン・プライ地区ペレマタン・パウのモスクで祈りを捧げたあと、「党決定に従いセランゴール州の州首相に就任することが私の義務であり、責任だ」と語った。
 「州首相になっても、夫アンワル氏の操り人形でしかない」との批判が出ていることについては、ワン氏は、「夫が監獄にいた時、私は党総裁をこなしていた。言いたい人には言わせておくしかない。我が党はチームで動く。チームワーク重視がPKRのやり方だ」と反論した。
 セランゴール州の州首相人事問題でもめる野党・人民公正党(PKR)だが、7月21日の最高評議会会議で州首相交代と後任にワン氏をあてることを決めた。23日にはこの人事について民主行動党(DAP)と全マレーシア・イスラム党(PAS)の同意を得たとPKRは発表した。
 しかし、 PASのハディ・アワン議長は25日に「個人的にはカリド氏の留任が望ましいと考えている」と語り、PASがワン氏の州首相就任に本当に同意したのか怪しくなっている。また、自宅療養中の党長老のニク・アジズ前ケランタン州首相はカリド氏と自宅で会見、その模様を地元紙に公開した上で同氏留任を支持すると発言している。
(7月30日サン)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中